小角散乱ユーザーグループ

    ●ユーザーグループ設立の目的
    小角散乱は、ハードマター・無機・金属関連分野、生物関連分野、高分子・ソフトマター関連分野において、なくてはならないツールとなっており、ユーザーもすそのの広がりを見せている。このような状況で、PFにおける旧小角散乱ユーザーグループ(UG)(主にBL-15Aユーザー)は酵素回折計 UGのメンバー(BL-10Cユーザー)と BL-9C の SAXS ユーザーチームのメンバーを加えて、3つの小角散乱ビームラインのユーザーの連携をはかる目的でこれらを統合し、これまでの活動を継承しながらより活発化させることを目的に、2012年4月に巨大な小角散乱UGとしての活動を開始した。多岐、多分野にわたる小角散乱ユーザーにとって、対象とする素材(試料)の枠を越えた広い時空間における物質の機能・構造の理解のために、また、得られた知見の応用展開を図るために、学術分野を越えた活発なUG活動を推進する必要がある。そのために 3 名の副代表を2015年4月から新設し、UG活動の推進に当たって頂いている。それら3 名の副代表とは、固体・金属関連分野 から京大・奥田浩司先生、生物関連分野から奈良先端大・上久保裕生先生、高分子関連分野から名工大・山本勝宏先生である。多分野にわたる UG のまとめ役として、経験豊富な副代表の 3 名の先生方と密に連携し、小角散乱装置のさらなる充実を目指して今後の小角散乱 UG の活動を行っていく。

    ●主要ビームライン
    6A, 10C, 15A2

    ●主な研究活動内容
    ハードマター・無機・金属関連分野、生物関連分野、高分子・ソフトマター関連分野まで多分野にわたり、広い時空間における物質の機能・構造の理解のための研究とその応用のための研究を行っている。小角散乱 UG のメンバーは、メーリングリスト jpsaxs[at]pfweis.kek.jp も活用し情報の相互発受信を通して、講演会の案内や色々な情報共有に生かしている。PF の小角散乱だけでなく、国内施設の小角散乱実験(X線、中性子ともに量子ビームとしてのマルチプローブを意識した実験)の情報共有・交換、告知などにもメーリングリストが利用されている。また、PF小角散乱ビームラインの HP (http://pfweis.kek.jp/~saxs/) も整備されており、PFスタッフ(清水伸隆先生、五十嵐教之先生)が推進しておられる、装置や測定技法の高度化、ソフトウェアの充実とビームライン使用の利便性向上のための取り組みについての情報が発信されている。

    ●今後の予定
    多岐、多分野にわたる小角散乱ユーザーが相互に研究内容やその意義を理解するための活動を行っていく。具体的には、定期的にPF研究会を開催する。また、ビームタイムアンケートなど喫緊の課題について、個別のユーザーの声を挙げやすくするための支援をしていくことはもちろんのこと、UGとしての意見を集約し、アクションをおこすような取り組みも継続的に行っていく。また、PFスタッフ(清水伸隆先生、五十嵐教之先生)と協力し、装置や測定技法の高度化、ソフトウェアの充実とビームライン使用の利便性を追求するとともに、UGメンバーにその情報を共有化し、個々の研究の将来の可能性について討論できる場(free discussion)を提供していきたい。UGの活動は、新規ユーザーの参入なくして、その将来はない。特に、これまで小角散乱があまり使われて来なかったような分野からの新規ユーザー開拓が重要であるので、広報活動が重要と思われる。どのような具体策が考えられるのかを、小角散乱UG全体で議論していく。

All Rights Reserved Copyright(C) 2012-2015 Photon Factory (PF)
〒305-0801 茨城県つくば市大穂1−1
このページに関するお問い合わせは<pfua-office@pfiqst.kek.jp>までお願いいたします。 (※@を半角にしてお送りください。)