産業利用ユーザーグループ

    ●ユーザーグループ設立の目的
     放射光をプローブとしたXAFS、蛍光X線分析、X線回折及びトポグラフィーなど各種の計測法は、組成や構造をはじめとした各種物性の評価技術として幅広く利用されている。産業界においても、トライアルユース等によるプロモート,及びKEK/PFとの民間共同研究や施設利用の制度を活用することにより、材料の特性評価から不良品の原因解明に至る広い範囲で活発に利用が進められている。
     PFにおける産業利用の推進と発展に向け,各種情報の交換の場となるユーザーグループを結成する。さらに,本グループではより高度な産業利用に向けた計測装置やビームラインの整備に関する要望や、より活発な利用に向けた施策等に関する提案を集約し,PF-UAを通じて、PFや関係機関に対して提言を行う。

    ●主要ビームライン
    4, 6, 7, 9, 10, 12, 14, 15, 20

    ●主な研究活動内容
    各ビームラインにおけるXAFA,蛍光X線分析,トポグラフィー,X線回折,吸収・位相イメージングなど各産業界ユーザーの意見集約

    ●今後の活動予定
    日本放射光学会、応用物理学会、日本化学会,日本金属学会,鉄鋼協会等の学協会やPFシンポジウムなどの機会を捉えて、ユーザーグループの会合を持ち、装置やビームライン、及び利用方法に関する意見や情報の交換を行う。また,意見を集約して要望としてPF-UAを通じて、PFや関係機関へ伝える。


All Rights Reserved Copyright(C) 2012-2015 Photon Factory (PF)
〒305-0801 茨城県つくば市大穂1−1
このページに関するお問い合わせは<pfua-office@pfiqst.kek.jp>までお願いいたします。 (※@を半角にしてお送りください。)